私の獅子座シーズンは「変化を恐れない」がキーワード

2022年7月の誕生日を目前にした想い


今日は7月24日(日)、まもなく占星術で言うところの、ライオンズゲート期間が始まります。
ライオンズゲートとは、宇宙と地球を繋いでいる扉のことなのだそう。
その扉が開き、宇宙からのエネルギーが地球に届くスピリチュアルな期間を迎えるということです。

私はスピリチュアル的なこと全てを真に受けるタイプではないので、占いなんかもお金を出してまでやろうとは思わないけれど、例えば雑誌などにある自分の生年月日に関する占いはやっぱり見ちゃうし、ちょうど今月が誕生日ということもあり、ラインズゲートについてはかなり意識してます。

7月生まれの獅子座である私には、ライオンズゲートって単語が心に響きます。
ライオンズゲートが開く時期は、地球が銀河の中心にくる7月26日〜8月12日の18日間。
ゲートは7月26日から徐々に開き、8月8日にピークを迎え、8月12日にかけて閉じていくのだそう。
そして2022年7月29日2時55分が獅子座の新月。8月12日10時36分が水瓶座の満月
ちょうど新月翌日に誕生日を迎える私自身には、絶対に意味があると捉えていて。

この新月は「変わり目」なのだそうです。
特に獅子座の私にとっては新しい自分に生まれ変わる時とのメッセージがあるので、自分軸を貫きつつも、変化を恐れないで、自分のハートに従って進んでいきたい。そう思っています。

Original movie of The Moon and The Sea by Seiko

昨年一大決心した中古マンションの購入、現在リノベーション中で引越せるのはもう少し先だけど、新居に移ったらやりたいこと、そしてそれに必要なことがある。
そこに繋がるものを、この時期に得られるのではないか、そんな気がしています。

また、この時期は「潜在意識」も刺激されるということで。
潜在意識」とは、無意識の部分で働き「直感」に繋がる意識と私は捉えています。

先にスピリチュアル的なこと全ては真に受けないと述べましたが、でも、スピリチュアル的なことはこの世でいくらでも起きているのが事実。
直感」はスピリチュアル的に言うと「第六感」。
私は日頃から五感を使う事を大切にしていますが、さらに第六感をないがしろにしないようにと思っています。

今からは特に、本当は第六感では違和感を感じているのに手放せないでいること、逆に第六感ではこれだ!と感じているのに一歩踏み出せないでいること。
その辺を今一度整理してみようと思っています。

それから、今年やりたいことのもう一つは海外への旅。
私は雇われの身なので、弾丸気味になるのは仕方ないけど、やっぱり飛行機に乗って何処かへ行きたい。
友達のいるフランスに行くことを一度諦めたけど、また行けそうな兆しも見えてきて。
コロナの状況が再び悪化していて、運行する予定だった仙台〜韓国の直行便がまた運休とされているし(韓国経由で他国へ行くと安くなるからできれば利用したい)、なかなか厳しい面もあるけれど、私、割と急に決めて急に行ってそれで満足できているので、きっといいタイミングで行くべき場所へ導かれると信じています。
今少し様子見。はやる気持ちも時には抑えて、ある程度は流れに任せて、物事は俯瞰してみることも必要ですしね。

7月もあとわずか。また一つ歳を取ってしまうのかと考えると正直切ないのだけど、それも心のありかた次第。
2022年も、もうすぐ残り5ヶ月をきるけれど、その5ヶ月でできることもたくさんある。
淡々と日々を過ごしながらも六感を研ぎ澄ませて、アンテナの感度は鈍らせないようにして、でもガツガツはせずに、穏やかにしなやかに、自分の人生、大切に生きようと思います。


あなたは
第六感を
信じますか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA